トランスフォーマー映画監督マイケル・ベイが自身作品を酷評の真相

映画トランスフォーマーといえば、アメリカで6作も公開された大ヒットコンテンツだ。

しかし、監督のマイケル・ベイは自身の撮影した作品を家族と一緒に鑑賞して落ち込んだ話を語っている。

どうも子供向けの作品というのを大人が作るのは、どこかで限界や苦しみが来るようだ。

それは本日訃報が届いた藤子不二雄のA先生こと、我孫子先生も怪物君やパーマンを作った一方で、笑うセールスマンを描いているあたりが興味深い。

<引用>